『VISTIS VIRUM REDDIT』先行受注会in WEST.

『VISTIS VIRUM REDDIT』 ビスティス ビルム レディット

ファッションブランド「golem」のデザイナーと

パリ在住のグラフィックデザイナー「Kos-crea」とのTシャツブランド。

『VISTIS VIRUM REDDIT』

『こんな時期にTシャツ…?』

なんて思っている方も多いでしょう…

(いや、正直私もそう思いますよ?)

ですがっ!!!!

みなさん、時期になるとTシャツが欲しいー!!

とおっしゃいますよね?

さらに

『シンプルなデザインのを探してる』とか『1枚で着て素敵なやつがいいわ』とか・・・

終いには・・『もう売れちゃってTシャツが無いのですよ…』なんてことになる場合も多々…

だったら!!!

もうご自分で選んじゃってくださいっ!!!

ってことなわけです。

で、今回WEST店で先行受注会を開催しているTシャツブランド。

『VISTIS VIRUM REDDIT』

ビスティス ビルム レディット

古い文献や写真集をもとにダダイズム、シュールレアリズム時代に使われていたコラージュ技法、視覚効果を使ったデザインなどアナログな技法とグラフィック技術を融合させたデザインコンセプト。

Face emerge シリーズ

指紋から顔が浮き出るオプティカルデザイン。

チャップリン、オードリーヘップバーン、アインシュタインなどなど

誰もが知っている偉人がモチーフになっています。

こちらはヘップバーンです*モザイクコラージュ的な視覚効果がなんだか不思議(^^)

他にもこんな感じの偉人達が・・・。

Face emerge シリーズは、

・プリントのカラー(Pink・Black・Green)

・ネック開き(Uネック・Vネック)

・Tシャツサイズ(XS~XL)

からお選びいただけます(^^)

¥9,800+tax

『MUSIC ON THE BONE』シリーズ

レントゲンレコードをモチーフにしたデザインTシャツ。

レントゲンレコードとは冷戦時代のソビエトで禁止されていた西側諸国の音楽を

レントゲンフィルムに録音してレコード制作した実在のものたち。

当時、ソビエトの音楽フリークは、収容所送りや投獄の危険を覚悟の上で

ロック・ジャズ等の音楽を聴いていたそうです。

そんな、戦争を超えた音楽、その美しいレントゲンコードをモチーフにしたコレクション。

いかにもレントゲン!という感じの骨の写真が*

歴史の背景から生まれたデザインっていうのもなんだかいいですよね。

こちらのシリーズも

・ネック開き(Uネック・Vネック)

・Tシャツサイズ(XS~XL)

からお選びいただけます(^^)

¥9,800+tax

こんな感じで包まれて届きます。

レコードのようなお洒落なパッケージと小箱。

サイズも豊富ですので、男性へのプレゼントにも喜ばれそうですね。

『Tシャツを着る時期に買えばいいや♪』

と、いうお客様・・・

その時期にはもう間違いなく

店頭に並ばないであろうことをお忘れなく・・・(^^)

クリスマス前までです!

是非いらしてくださいね。

………………….

※ instagram 始めました ※

是非是非ご覧くださいませ☆

アカウントをお持ちの方はフォローして頂ければ嬉しいです*

アカウント名 :@lacienega_matsumoto

http://instagram.com/lacienega_matsumoto

ブログ掲載商品も通販しております。
詳細はこちらまでお問い合わせ下さい☆
TEL  0263-32-2557
メール info@lacienega.jp

店長のブログはこちらから↓